All Articles

「わからない」がおもしろい【将棋編】

私は将棋が大好きで、毎日オンラインで将棋を指している。

 

将棋をやったことがある人はご存知だと思うが、将棋にはプロの世界もあり、競技者も多い国民的なテーブルゲームの一つである。

 

将棋には様々な戦法や戦型があり、いろいろな手を駆使して戦う。

いくつもの手法を勉強し、どんどん棋力を上げていくことは将棋の醍醐味でもあり、同時に将棋の奥深さを感じさせてくれるものである。

 

多くの人が最初に戦型を勉強し、パチパチと指していくのだが、途中で盤面がぐちゃぐちゃになるにつれて、「どの手がベストなのかわからなくなるとき」ということを誰もが経験する。

 

*****************

 

将棋には、序盤・中盤・終盤という”流れ”があるのだが、特に中盤になり、様々な手を予測していく場面になると、どれが最善手かわからなくなるのだ。

 

明らかに棋力に差があり、圧倒できる相手と戦っている場合は別だが、ある程度棋力があり、実力が拮抗している相手との勝負だと「わからない場面」がでてくることが多い。

 

将棋Youtuberの方々が将棋実況をしているのを見ると、このことがよくわかると思う。

「あ〜わからなかった〜><」

「こっちの手の方が良かったのかな〜><」

「違ったかな〜><」

と言いながら実況されているシーンを見ることは多い。

限りある時間の中で最善手を見つけることは、とても難しいことである。

実況を見ている側としても、どれが良いのかパッと判断できないシーンは多々ある。

 

しかし、この「わからない」というのが将棋の醍醐味であり、いつまでも飽きない理由の一つである。

 

どれがベストかわからないギリギリのところで指していく。

これがなんとも言えず楽しいのである。

 

おそらく、これから何度将棋を指しても、この「わからない」はずっと付いてくるものであると思うが、「わからないを楽しむ気持ち」もずっとあるものであると思う。

 

将棋について書いていたら、将棋指したくなってしまったので今日はこんなところで!

 

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.
他の記事