All Articles

ちょっとタイ王国に行ってきます

タイとラーメン

今、日本人の中で最もトレンディーな国、「タイ王国」。

そんなタイ王国に、お仕事の関係で行くことになりました。

場所は、首都バンコク!

本当は3月中旬くらいの予定でしたが、
ビザの関係で、たぶんGW前くらい?に行く予定です。

滞在期間は、仕事によるので全然わかりませんが、
せっかく行くので、タイ王国をがっつり満喫しようと考えています。

タイ王国、、、

週末はラーメン食べたくてたまらない病の僕からすれば、
特にラーメンは気になります。

タイのラーメンはおいしいのかどうか・・・

「タイ王国」

という響きのみから判断すると、

なんだかおいしそうなラーメンがありそうですが、
いくらググっても情報がいまいちなので、
自分の目でしっかりと見極めてきます(・◇・)/

そして、現地でいっしょに働く方々、出会う方々。

「今年は、猪突猛進、がむしゃらに仕事して、いろいろ仕事覚えたり、
知識増加や技術力向上を目指して働いとけ、経験積んどけ。」

と今年のおみくじに書いてあったので、

たくさんの方々にお世話になるであろうと思いますが、

タイから帰ってくるときは、
「今よりもかなり進化して帰ってこられたらいいなあ」
と思ってたりもしてます。

ワンピースでいうところの
「ギア・サード」使えるようになったルフィくらいには進化してたいです。
あわよくば「覇気」ですかね(ケンブンショクあたり)。

話は飛びますが、

真面目なこと言うと、「海外で働いてみたい!」と思っていた僕は、
そもそも社会人になってこんなにも早く海外に突撃できるチャンスを
いただけるとは思ってもみなかったので、タイ行きが確定したときは不安はありましたが、正直、うれしかったです。

 

海外への憧れ

「海外で働いてみたい!」という気持ちは、

僕が中二病真っ盛りだった頃よりも
ちょっと前の時くらいからありました。

当時、僕に学問を教えてくれた先生方は外国が大好きな方々で、
海外での思い出や出会った人々のことについて僕にたくさんシェアしてくれました。

「外国のレストランで働き始めたときに、職場で馬鹿にされ、ムカついて徹夜でメニュー・接客方法を全部丸暗記して、次の日完璧なオーダーをとり、職場の人にドヤって仲間として認めてもらった話」

「東南アジアに居た時、ふつーにフライパンでつくった日本料理が同じ寮の外人たちにバカうけした話」

「見た目が怪しすぎて空港で拘束された話」

「激辛香辛料を麻薬と間違えられ、尋問され、ムカついた結果、疑うなら舐めて確かめてみろと言って、尋問官をもがかせた話」

「ルー大柴さんみたいに英語を使ってくるおっさんとシンガポールなまりの英語を使うおばさんとジャパニーズイングリッシュを使う先生の計3人で3時間会話して一度も互いの言いたい内容が伝わらずに苦笑いだけで終わった話」

いろんな話をきいて芽生えた海外への好奇心は、自然と、
似たような好奇心をもつ人たちがいる環境へと自分をいざないました。

そんな環境の中で育ってきた僕は、好奇心が冷めることもなく、

「いつしか、社会人になってお金貯まったら海外行くぞ!」

「ちなみに、できれば死ぬ前に一度宇宙行きたい!」

というヤンギーでドリーミーな思想を描く人間になりました。

そんなさなか、海外のチャンスが来たのは何かの縁なのか、

不安と楽しみは常に入り混じっていますが、
きっと何かにつながるのだろうと信じ、突撃してこようかと思います。

余談ではありますが、

この世には、きっとまだ出会ったことのない
ファンシーでグレートな方々が、たくさんいるんだと思います。

今まで出会った人の中にも、まだ見せたことのない
ファンシーでグレートな一面を隠し持っている方がいるやもしれません。

海外に行こうが、日本に居ようが、いろんな人に刺激をもらいながらも、
自分からもファンシーでグレートな価値を与えられるよう、
ムーミンでいうところのスナフキンみたいな一生を歩みたいです。

今回のタイもその一部にできればいいなあと思います。

 

以上報告でした。
今後、渡航にあたりなにがしかでも連絡返せなかったりしたらごめんなさい。
たぶんなんか緊急があったらSNSで飛ばしていただければ反応できるかと思います。よろしくお願いします!

 

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.
他の記事