タイのお寺

MRTサムヤーンからすぐ!ワットフアランポーンに行ってきた

MRTサムヤーンからすぐのところにある「ワットフアランポーン」に行ってきました。

ガイドブックなどでは紹介されていませんが、地元タイの人々の間では、パワースポットとして有名な寺院で、毎日多くの人がタンブンをしに訪れています。

この寺院には様々な彫像があり、いろいろな寄進方法があるのですが、本記事ではロウソク流しと無縁仏の供養に対する寄付の2点について紹介したいと思います。

ワットフアランポーンの詳細と行き方

お寺の詳細

・最寄駅はMRTサムヤーン1番出口です。

*地上に出てからUターンしてすぐの所にあります。

・WEBサイトはこちら

寺院内の様々な彫像

寺院内には様々な彫像があります。

他の寺院と違い、仏像以外の彫像がたくさんあったのが印象的でした。

人がたくさん来ており、様々な箇所でお祈りをしています。

ロウソク流しでお祈りする方法

この寺院でのお祈りができる場所の一つに、ロウソク流しをしてお祈りする場所があります。

自分の誕生曜日の色のロウソクに火をつけてお祈りし、水に流す」という方法で、仏像の前に置いてあるロウソクに火をつけて水に流します。

ロウソクは一つ20バーツです。

自分の誕生日の曜日のロウソクを選びます。

自分の生まれた曜日が何曜日かわからない方は、こちらのページで確認できます。

ここでロウソクに火をつけて、仏像に向かってお祈りします。

お祈りが終わったら、ロウソクを仏像の周りに流れている水に流します。

無縁仏の供養に対するタンブン

調べてみたところ、ワットフアランポーンはもともと無縁仏を供養するためのお寺のようです。

寺院の中には「泰國義徳善堂」というボランティア団体の施設があり、ここで無縁仏に対するタンブンができます。

<タンブンの方法>

・入り口に置いてある紙に、名前などを記載し受付のところで寄付をします。

・受付で、紙を受け取ります。

・紙にのりを付け、桶に貼ります。

・受付けでもらった紙を燃やし、終了です。

以上、ワットフアランポーンに行ってきた記録でした。

MRTサムヤーンからすぐでアクセスしやすいので、ぜひタンブンしに行ってみてください。

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.