All Articles

東南アジア周遊記!ブルネイ・ダルサラームへ行ってきました!

久しぶりに東南アジア周遊!ということで、ボルネオ島北部にあるブルネイ・ダルサラームという国に行ってきました!ブルネイは、観光地がたくさんあるわけではないですが、とっても平和でのどかな国で、今まで訪れた国の中ではダントツに安全・安心して旅ができる国でした!

それでは早速ブルネイ・ダルサラームをご紹介していきます!

ブルネイ・ダルサラームってどんな国?

ブルネイは、ボルネオ島北部に位置する国で、面積は日本の三重県とほぼ同じくらいの広さです。主な言語はマレー語ですが、英語は広く通用し、中国語も使われている率が高いです。日本とは天然ガスの輸出等で関係があります。参考(外務省HP):http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/brunei/data.html 

その他にも教育や医療が原則無料であったり、所得税がなかったり等、かなり裕福な国でもあります。私が旅をした感覚ですが、ブルネイの人々は平和的で温厚な人が多いなと感じました。犯罪が起きていそうな雰囲気はほとんどなく、イスラム教を信仰している人が多いです。とてつもなく平和な国だなぁと感じました。また、国の半分以上を熱帯雨林が占めており、エコツーリズム等の観光で人気な国でもあります。

ブルネイはどこにあるの?

ブルネイは上記地図の通り、マレーシアと国境を接していてボルネオ等の北部海沿いに位置しています。首都は右上のバンダルスリ・ブガワン。ブルネイ国際空港もここにあります。

ブルネイの街並み

全体的に綺麗な街並み・道路でした!ちなみに上記はブルネイのショッピングモールエリアの写真です。

 

こちらはブルネイで一番大きなショッピングモールです。映画館も入ってます!

 

ブルネイはマレーや中華系の料理等、いろいろ混ざったものが多く店舗のメニューも豊富でした!隠れグルメ王国かもしれません。

 

ブルネイのネコ様

 

モスク・資料館巡り

ブルネイと言えば、立派なモスク!ということで有名なスポットをちょこちょこ散歩してきました。

 

こちらは資料館です!ブルネイの歴史や慣習を知ることができます。

館内にはモニュメント等がたくさんあり、おすすめの場所です!

 

モスク以外にも街中や市場を散策♪

 

アーティストの方々に絵を描いていただいたり、フルーツジュース飲んだり、、、市場のお店の人もみんな温厚でした。本当に平和でナイスで優しいオーラで溢れている国です。

ブルネイの王宮・最高級ホテルを見学!

こちらはブルネイの王宮への入り口です!敷地内は車で移動する広さがあります。めちゃめちゃ偶然ですが、たまたま国王様が乗っている車が入っていく瞬間を見れました。もう、スケールが半端ないです。

 

こちらブルネイNo1のホテル「The Empire」。こちらもとてつもない広さのホテルでした。

 

*海を見渡せる巨大プールもついてました。さすがブルネイNo1です。ひたすら圧倒されました。

 

レインフォレストでハイキング

ブルネイのレインフォレストを探検!ということで、2時間くらいハイキングにも行きました。

ひたすら登ります!めっちゃ暑かったです。

道があまり整備されていない、且つ暑すぎるということで、5回くらいへばりそうになりましたがなんとか登りました。

ひらけたところにでると・・・

 

レインフォレストを一望できました!頑張って登った結果、綺麗な景色見れた+ちょっと痩せたかもしれません。

ブルネイでバギーレース!

レインフォレストの後はブルネイの海にも行きました!

海はいつ見てもいいですよね。心がとても落ち着きます。

そしてなんとドバイの砂漠でもやった四輪のバギーレンタルサービスがありました!「キタコレ・・・」ということで、30分乗り放題!海辺近くで、地元の兄ちゃんとバギーレースしました!巨大な水たまりに突っ込んでめっちゃ濡れるわ、カーブ間違えて草木に衝突するわ、子供心に立ち返るわで、泥んこになって遊びました!^^

まさかブルネイで、しかもきれいな夕日が見れる海辺でバギれると思わなかったので、最高なモーメントでした。絶対またやりにきます。

 

今回は、首都だけの滞在でしたが次回はもっと熱帯雨林地方(エコツアーとか)にも挑んでみたいなぁと思います。以上、ブルネイ周遊記でした!^^

 

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.
他の記事