All Articles

パタヤの観光スポット「Ripley’s Beleive it or not」に行ってきた

今回はパタヤで見つけた面白博物館「リブリーズ・ビリーズ・インット・オア・ノット!(Ripley’s Beleive it or not!)」についてご紹介したいと思います。この博物館はアメリカのロバート・リプリーという人がが世界中を旅して集めたとされるコレクションが展示されています。展示されているものは摩訶不思議なものやびっくりするような出来事をまとめた・模型・写真などです。

Ripley’s Beleive it or not!の場所

パタヤにあるロイヤルガーデンプラザというショッピングモールの中にあります。このショッピングモールは外から見ると赤い飛行機が突っ込んでいるように見えますので外観を見たらすぐにわかると思います。

Ripley’s Beleive it or not!のHP

https://ripleysthailand.com/

営業時間は午前11時〜午後11時までです。

館内にはびっくりするような展示品がたくさん!

館内にはびっくりするような出来事やものについての展示品が多数あります。一つ一つに英語で説明文が書いてあります。なんだかよくわからないものもありましたが、全体的に面白かったです!

いろいろ展示があった中でも一番びっくりしたのが、こちらのマッチでできた船と下の世界中のビールメーカーのコレクションです。

壁一面にビール缶がぎっしり展示されていて個人的に一番面白かったです笑

ちなみにホームページを見てみるとわかるのですが、Ripley’s Beleive it or not!では、このリプリーの博物館だけでなく、他のアトラクション施設もあります。

他にも楽しめるアトラクション

今回行った時はアトラクションを何個か遊べるセットチケットを購入したので、Ripley’s Beleive it or not!以外にも遊んでみました。こちらは「THE VAULT」というアトラクションで、暗闇の中レーザーにあたらないように室内を移動し、パネルにタッチして完了するまでの速さを測定するアトラクションです。良い運動になりました。

こちらは「Ripley’s Scream in the Dark!」シューティングゲームアトラクションです。暗闇の中の光を狙ってシューティングします。最後にシューティング成功合計ポイントがでます。ディズニーランドとかにありそうなアトラクションでした。

こちらは「Louis Tussaud’s Waxworks Stand among the Famous」。世界各国の著名人の模型がたくさん展示されています。個人的には記念写真撮影ができるものがいっぱいあってけっこう好きでした。

以上、「リブリーズ・ビリーズ・インット・オア・ノット!(Ripley’s Beleive it or not!)」のご紹介でした。全体的にけっこう面白かったです。行かれた際にはせっかくなのでいくつかセットでチケット購入して楽しむのが良いと思います。(今日現在でアトラクションは7つあります。)

アトラクション一覧はこちら

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.
他の記事