バンコクレストラン情報

【Doo Nam 1608(ドゥーナーム1608)】チャオプラヤ川沿いにある隠れ家レストラン

今回はチャオプラヤ川沿いにある隠れ家レストラン「Doo Nam 1608」を紹介したいと思います。

Song Wat通りの脇道(Soi Kang Watpatumkongka)の奥に進んだところにあるレストランで、リバーサイドで食事ができます。

奥まったところにある隠れ家感のあるお店です。前の記事で紹介した「ターナムパーヌーランシー」の近くです。川沿いの散策時・観光時にぜひ行ってみてください。^^

Doo Nam 1608の基本情報と行き方

お店の基本情報

・WEBサイトはこちら

・Facebookページはこちら

<営業時間>

10:00〜23:00

*月曜定休

お店への行き方ですが、Soi Kang Watpatumkongkaに入ったら左奥まで進みます。

ここの道に入っていくとDoo Nam 1608の看板がありますので、ここを左折します。

進んでいくと、こんな隠れ家的な感じでDoo Nam 1608があります。

昼の時間帯に行ってみたのですが、素敵な空間でゆったりできてよかったです。^^

Doo Nam 1608のメニュー

*フードメニューがたくさんあります。

ドリンクだけでもOKですが、ほとんどの人が食べ物をオーダーしており、どれも美味しそうでした。

お昼食べた後に行ったので、今度は食事も兼ねて行ってみたいと思います。

リバーサイドでまったり

お店に着いたあとは川沿いの席でまったりと休憩。

タイティーをいただきました。

Doo Nam 1608店内の雰囲気

ゆったりした後は、チャオプラヤ川を含め、写真撮影。

素敵な店内でした。^^

6人席もありました。

川沿いで食事するのも良いですね。

以上、Doo Nam 1608(ドゥーナーム1608)の紹介でした。

チャオプラヤ川沿いで食事するところを探している方はぜひチェックしてみてください!^^

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.




他の記事