【世界遺産】スコータイ遺跡

バンコクからスコータイへ!2泊3日の一人旅に行ってきました!【1日目】

こんにちは!!先日ロイクラトン祭りが開かれるということで連休を利用し、バンコクからスコータイへ初めての一人旅をしてきました!

スコータイってどこ?

DSC_0261

タイのバンコクから北へ約450キロ・飛行機で一時間程飛んだところにスコータイはあります。スコータイは「幸福の夜明け」という意味で、約800年前タイ民族による王朝が初めて開かれました。当時の遺跡群が残っているスコータイ歴史公園世界遺産として登録されており、11月のロイクラトン祭り(川の女神に感謝する祭り)の時期には、多くの観光客が訪れます。スコータイに関する参考サイトはこちらをご覧ください。今回はこのスコータイ一人旅の旅行記になります!

スワンナプーム空港からスコータイ空港へ

朝4時起床。バンコクでタクシーを捕まえてスワンナプーム空港へ!7時発のバンコクエアウェイズという飛行機に乗り、スコータイに向かいます!

 

初めての国内線且つバンコクエアウェイズ!どんなものかと思いワクワクしながら機体とご対面!

 

DSC_0207

 

ちっちゃくて、かわいい・・・。

 

他の乗客の方も思わず機体をパシャパシャ。ちなみに1時間程の飛行だったのですが、ちゃんと機内食が出ます。たしか定番のチキンだったかと思います。座席は中央に通路・左右に2列ずつといった並びでした。僕は夜更かしした上に朝早かったので機内で爆睡しました。

スコータイ空港周辺

DSC_0210

飛行機から降りると空港入り口まで乗り物で移動しました。上の写真は空港までの道。

 

DSC_0211

この乗り物で移動しました。空港の周りは見渡す限りネイチャーです。

 

DSC_0213

これが空港です!めっちゃローカル感満載で空港に惚れました。

 

DSC_0219

空港の隣には動物園があります。とりあえずキリンさんが生き生きしていました。

 

DSC_0221

空港到着後は入ってすぐにインフォメーションカウンターがあったので、「この予約したゲストハウスに行きたいんですが」と予約書見せながら聞いたら「バンを手配しますね!」とのことで180バーツでバンを手配してもらいました。「15分くらいでバン来るよ!」とのことだったので、その間はちょっと空港散策しようとしました・・・が、、、

 

めちゃめちゃアツい・・・

 

私は完全に他国に来たようなルンルン気分だったのですが、暑さで我に帰りました。「そう、ここはタイ王国、灼熱のタイ王国。太陽が本気出しまくっているタイ王国。500キロ近く北上しようが、そんなもんは関係ない。気を抜いたらファイヤーサンシャインの餌食になるぞ・・・」自分にそう言い聞かせながら売店で水を買い、知らないおばちゃんと木陰で世間話しながらバンを待ちました。

スコータイ市街到着

DSC_0222

スコータイ空港からバンで30分程。スコータイ新市街に到着しました!雰囲気は上の写真みたいな感じです。スコータイは歴史公園周辺の旧市街とここの新市街の2つ市街があります。

 

地図の右が新市街・左が旧市街です。

 

ここからとりあえず2分くらい歩いて今回宿泊するゲストハウスへ向かいました!

DSC_0289

新市街はゲストハウスがいくつか固まっています。バイクや自転車のレンタルもしています。

DSC_0224

*こんな感じの川沿いにあったので蚊がけっこういました。

 

DSC_0288

*私が泊まったゲストハウスはレストランも併設してやっていました。家族経営です!

 

DSC_0290

鯉もたくさん泳いでました!!近づくとめっちゃ集まってきた笑

 

DSC_0287

ここが宿泊したところです。中は小さいですが、寝るだけなら十分な感じでした!

 

笑顔満点の優しいおばさんにチェックイン受付をしてもらい、さあこれからスコータイ満喫するぞ!!と思っていたその時!

 

モーさん
モーさん
Hello!どっか行くの?

と、知らないトゥクトゥクドライバーのおじさんに声をかけられました。

DSC_0292

こちらがドライバーのモーさん!スコータイ滞在の間ものすごくお世話になった方です(T ^ T)

モーさん
モーさん
どこか行くなら乗せていくよ!!ハハハー!

 

と、なぜかテンションの高いおじさん・・・。

 

Suzuki
Suzuki
スコータイ歴史公園に行きたいんですが・・・

 

と言ったら、スコータイ歴史公園の地図を見せてくれました。

DSC_0247

地図を指しながらよくわからないタイ語を話すおじさん。どうやら、公園まで乗せて行っていろいろ案内して宿まで送ってあげるよ!とのこと。

 

 

 

おじさんは言った。

モーさん
モーさん
まずは、公園の外側から攻める。外から行ってから公園の中に攻め入って、うらああああ!!って回って帰ってくるっていうのがベスト

 

 

つまり、おじさんが言いたいのはこういうことだ。

 

スライド1

 

モーさん
モーさん
やっぱり外から攻めていかないと!外から。全部見ていきなよ!

 

Suzuki
Suzuki
なるほど、外からね・・・外から・・・

 

DSC_0489

こうして、私たちはタッグを組むことにした。モーおじさんが後ろで操縦、トゥクトゥクの前方座席部分に私が座り、ぺちゃくちゃ話しながらスコータイ公園巡りがはじまった。行って帰ってくるまでに5時間くらいかかるとのことで(出発9時半くらいでゲストハウスバック予定は2時くらい)、案内込みで料金は1000バーツだった(安い!!)少しだけ知っているタイ語を話してみたらおじさんめっちゃ喜んでくれました!タイ語勉強続けててよかったと思いました(T ^ T)。

いざ行かん!スコータイ歴史公園!!

DSC_0230

新市街から旧市街まではトゥクトゥクで20〜25分くらいで着きます。車だともっと早いですが、ここスコータイにはバンコクみたいなタクシーはないです。観光客の移動手段はチャリかバイクかトゥクトゥクになります。また、ここスコータイは、小さいコミュニティのような感じになっており、信号待ちの際に隣に停まったバイクのおばちゃん(モーさんの友人)とモーさんが仲良く世間話してました。「都会と違い、人がたくさんいるわけではないので、みんなお互いのことをよく知っているんだよ!」とモーさんが教えてくれました。なんかこういうコミュニティいいなあと素直に感じました。そんなこんなで、スコータイ歴史公園までふっとばすモーさん。

モーさん
モーさん
ハッハッハッハー!!

 

とテンション高く運転するモーさん。私はトゥクトゥクに乗って移動なので、全身でもろに空気抵抗を受けながらおじさんと話をしました。

Suzuki
Suzuki
モーさん、今おいくつですか?
モーさん
モーさん
50だよ!
Suzuki
Suzuki
50なんですか!?元気モリモリですね!
モーさん
モーさん
ハハハー!!元気だよ!!今日は元気すぎるからエンジン破壊する勢いで飛ばすよー!!
Suzuki
Suzuki
え・・・・

 

遺跡巡り

DSC_0235

ということで、空気抵抗で禿げそうになりつつ、私たちはスコータイ歴史公園周辺まで到着しました。計画通り外からがっつり遺跡を攻めました。とにかく遺跡を見まくりました。それぞれの遺跡にきちんと名前がついているのですが、全然覚えていません。

 

DSC_0231

下で動物さんたちが支えているように見える遺跡。

 

DSC_0239

こんな感じの道を走りながら、どんどん遺跡を見まくります。

 

DSC_0242

昔の戦争で壊されてしまった遺跡群。

 

DSC_0244

 

 

DSC_0249

ここはマジでつらかったです。見てください、この登り。途中から石壊れてたりしていて途中で13回くらいこけそうになりました。

 

Suzuki
Suzuki
え・・・ここ登るの・・?

 

モーさん
モーさん
そうだよ(^o^) よっしゃー!行くぞー!
Suzuki
Suzuki
おじさん・・・マジか・・・

 

ということで、ここ登りきるのに2リットルくらい汗かきました。

 

DSC_0251

無事頂上にとうちゃーく!!\(^o^)/。改めて下見ると長い!

 

DSC_0252

頂上にはこんな遺跡があります!

 

DSC_0254

そして、見てください!この眺め!!空気が澄んでいてとっても気持ちいい!!「登ってよかった!」と、ちょっとだけ思いました。

 

DSC_0255

 

モーさんめっちゃ元気。私はバテバテでした。

 

 

そんなこんなで私たちの外側攻めはまだまだ続きます!さらに移動し、続いてはこちら!

DSC_0260

スコータイの代名詞と言っても過言ではないくらい有名なこのビッグブッタ。こんな感じで建物に囲まれています。

 

DSC_0262

中に入るとこんな感じ。まさに圧倒的。かなりでっかいブッタでした。「The・荘厳」

 

 

DSC_0266

そして、この遺跡の周りには、なぜか牛さんがたくさんいました。のびのび生きてます。

 

その後も遺跡周りは続き・・・

DSC_0269

ついに公園内に突入しました!まずは、飲食店を見つけ、モーさんがチャーハンを注文して席まで持って来てくれました。モーさんに「いただきます」を教えて、早速仲良くチャーハンを食べて腹ごしらえすることに!

 

Suzuki
Suzuki
モーさん、チャーハンおいしいね!
モーさん
モーさん
そうかい、そうかい(^^)。実はこのチャーハン、注文したんじゃなくて僕が今さっき調理場かりて作ったチャーハンなんだよ(^ ^)
Suzuki
Suzuki
え!?そうなの!?とってもおいしいよ! o(≧▽≦)o

 

モーさん
モーさん
う・そ ( ´ ▽ ` )
Suzuki
Suzuki
え・・・

 

 

 

ということで、お腹いっぱになった私たちは公園内の散策をスタート!園内にも遺跡がたくさん!

 

DSC_0271

DSC_0274

DSC_0275

DSC_0276

DSC_0277

DSC_0278

DSC_0279

DSC_0280

DSC_0281

たくさんの遺跡があります。ちなみに公園内は芝生になっている部分もあり、スコータイ在住の方や観光に来た方々がピクニックしたり本読んだり、バク転したりと、のんびりと過ごしていました。へんな客引き等も一切ないので、ゆっくり落ち着いて見回ることができました。

 

そして、そろそろ太陽が本気を出す時間帯に入るため、私たちは一旦ゲストハウスに戻り休憩することに。夜にロイクラトンの祭りがあるので夕方再度公園へ戻ってきます。

 

宿に戻り、3時間近く爆睡後、ゲストハウスのおばちゃんの運営のレストランでチャーハンを食べることに。

DSC_0291

またチャーハンかよ!と思った方もいるかと思いますが、一つだけ言っておきます。

 

私は、タイ米で作られたチャーハンが大好きです。めっちゃ好きです。

 

最近の仕事後の夕飯はチャーハンばっかりです。それくらいチャーハン好きです。ちなみのここのゲストハウスの調理担当のおばちゃんは香港で2年料理の修業をし、おばちゃんの妹さんは日本で料理の修業をしたことがあるらしく、料理めちゃくちゃおいしいです。「おいしい!おいしい!」と連呼していたら、おばちゃんめっちゃ笑ってました。

DSC_0288

スコータイ歴史公園〜ナイトバージョン〜

モーさんにゲストハウスに迎えにきてもらい、再度夜のスコータイ歴史公園に突撃しました!一番楽しみにしていたロイクラトン祭りとナイトショーです!

スコータイ歴史公園までの道です。私はトゥクトゥクですが、旅行で来た方の多くは「ソンテオ」(動画後半で映っている、後ろがオープンエアになっている乗り物)で歴史公園へ向かうことが多いらしいです。

 

DSC_0302

スコータイ歴史公園に到着!11月の後半、ここスコータイをはじめ、チェンマイやアユタヤなどではロイクラトンの祭りが行われています。スコータイでは、ロイクラトン&キャンドルフェスティバルということで、昼に見た公園内の遺跡群が光に照らされており、とてもキレイです!

 

DSC_0303

かわいい!!!!!

 

DSC_0315

パシャ!

 

DSC_0318

パシャ!

 

DSC_0319

パシャ!

 

 

DSC_0330

パシャ!

 

DSC_0334

パシャ!

 

DSC_0339

パシャ!

 

DSC_0331

パシャ!

 

DSC_0313

夜の園内はものすごい数の人でした。日本の夏祭りみたいな感じです。

Suzuki
Suzuki
キレイですね〜
モーさん
モーさん
そうだね!めっちゃキレイ!ほら!あそこも撮っておきなよ!あ!こっちも!ほらほら🎶 うわー!キレイだね〜!
Suzuki
Suzuki
モーさん、テンション高ぇw

 

こんな感じで、6時半くらいから入園し、1時間近くぶらぶらパシャパシャしました。そして、7時半からはお待ちかねのライト&サウンド・ショーです。このショーは事前にネットでチケットを購入・座席指定する必要があります。詳しくはこちら。ちなみに座席指定する際は一番後ろの列か、一番前がいいかと思います。座席はけっこう密集していて、真ん中列だと前が見えづらいですが一番後ろなら立って見ることが可能です。(ショーの時間は一時間くらいです)

DSC_0272

ショーを見るための座席。こんな感じです。

ナイトショー

DSC_0356

たくさんのエキストラの方々がいます。ショーの内容はスコータイ王朝の歴史に関するものです。

 

DSC_0352

 

DSC_0354

 

DSC_0344

象さんの衝突はすごかったです。

 

DSC_0357

花火バンバンしてました。とってもキレイ。ディズニーランドみたいです。

 

ちなみにロイクラトンはディズニー映画「塔の上のラプンツェル」の灯籠をあげるシーンのモデルになったらしいです。タイのチェンマイというというところではたくさんのコムローイが打ち上げられています。

 

DSC_0365

ショーが終わると、コムローイ飛ばしたり、象さん見たり、いろいろです。

 

DSC_0363

象さんめっちゃ近い。仕事お疲れ様です。

 

こんな感じで1日目は終わりました。夜ゲストハウスに連れて帰ってもらう時、混んでるため裏道使ったら道暗すぎてスーパーホラーでした。

 

旅の続きは、「バンコクからスコータイへ!2泊3日の一人旅に行ってきました!【2日目】」をご覧ください。

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.