All Articles

【バンコクの市場】木タラ(モクタラ)に行ってみよう!

タイ王国は、商品価格の安さからショッピング大国とも言われており、チャトチャック・ウィークエンドマーケット・水上マーケット・ナイトマーケットなどの有名な市場は日々多くの観光客で賑わっています。反対に、タイ人や長く在住している人にしかわからないような穴場マーケットもいくつかあります!今回は、そんなバンコクの穴場ローカルマーケットの1つ「木タラ」をご紹介したいと思います。

木タラとはどんな市場?

DSC_0815
木タラ(もくたら)とは

毎週木曜日シーナカリンウィロート大学の駐車場エリアで展開されている市場のことです。木=木曜日とタラ=タラート(タイ語で市場の意)を合わせて木タラです。日用品雑貨・アクセサリー・バッグ・靴・服・食品などが売られています。屋台もたくさん出店しており、朝食をここで済ませることも可能です(大学構内の学食も食べられます)タイ在住日本人の間では有名で日本人も多く見かけます。

*上から撮影するとこんな感じです。そこまで大きい市場ではないです。

観光本に載っているようなマーケットと比べると、出店店舗数・品揃え・商品数は劣りますが、ちょっとしたお買い物にはいいと思います。小学生の時、学校でやっていたバザーを思い出しました(^ ^)ちなみに、この市場にある商品は女性・子供向けの物や日用品が多いので、お土産目的で来ると微妙だと思いますので、お土産は有名所に行って買うのがベストだと思います。

木タラへのアクセスと営業時間

木タラに行く方法は2つあります。1つはSoi23から行く方法、もう一つはSoi21から行く方法です。最寄駅はアソーク駅ですが、駅から徒歩で20分くらいかかるのでタクシーかバイタクで行くことをおすすめします。「シーナカリンウィロート」までで行き先を告げればわかってもらえるかと思います。

ちなみにシーナカリンウィロート大学にはソイ23側とソイ21側それぞれ入り口があり、入り口付近にバイタクがあります。タクシーで帰る場合はソイ21側だと大通りなので捕まえられると思います。

また、木タラの営業時間帯は朝7時くらい〜2時あたりまでです。

*出店店舗は固定ではなく週によっては新店舗に変わったりすることもあります。

DSC_0817

木タラの雰囲気と売られているもの

DSC_0816

続いて、木タラの雰囲気と売られているものを写真で紹介していきます。基本的には女性用の服・おもちゃ・アクセサリー・雑貨・日用品が主に売られています。

文房具を販売しているお店。かわいいペンやノートなどが売られていました。

シューズや運動着(アディダス・ナイキ・アンダーアーマー等)帽子等も売られています。

例:運動着1着300バーツ・4着で1000バーツみたいな価格帯で売られています。

かわいい人形やキーホルダー・キャラクターグッズも売られています。

女性用の服ゾーンはけっこうあります。

こんな感じでテントでいくつかの店が密集しています。

ちなみに、この市場の両サイドは飲食のお店が同じくテントを張って出店しています。お昼や軽食をここで買って食べることも可能です。

また、大学内にはスターバックスやToo fast to sleepといった有名カフェも入っていたりしますのでそこでゆっくり休憩も可能です。*バンコク銀行やクルンタイ銀行のATMもあります。

*ちなみに火曜日にも同じ場所で同じような市場をやっています。こちらは火タラと呼ばれていますので木曜日都合が悪い場合は火曜日に行くのもありです。

以上、簡単ではありましたが、木タラのご紹介でした!

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.
他の記事