バンコク観光情報

東南アジアのハブ空港!スワンナプーム空港出発口の解説

スワンナプーム空港は東南アジアのハブ空港と言われており、この空港を起点に様々な空港に行くことができます。日本から入国する際に利用したことがある人も多いと思います。

今回は、タイから国外に出る時の参考情報として、出発口(Departures)があるスワンナプーム空港の4階と出発までの様子をご紹介します。

スワンナプーム空港はB階から4階までの構成

■4階:出発口

■3階:ショップ・レストラン

■2階:到着口

■1階:交通機関(タクシーなど)

■B階:Airport Rail Link

スワンナプーム空港は、上記のようにB階から4階までの構成になっており、出発口は一番上の4階にあります。

バンコク市内からタクシーで来る時は、ドライバーさんはみんなこの4階のフロアの場所に向かって運転してくれます。

チェックインゲートがたくさん!

スワンナプーム空港はかなり広く、チェックインカウンターはA〜W列まであります。

ラッシュアワーだと多くの人で混みますので、空港へは早めに行った方が良いです。

チェックイン受付スタートまでは、周辺にある座席でゆっくりできます。

無料でスマホの充電ができる所もあります。

インフォメーションカウンターもあります。日本語対応可能のカウンターもありました!

チェックインが終わったら荷物検査などを行い、ゲートへ向かいます。

搭乗開始のアナウンスができた搭乗スタートです。

以上、東南アジアのハブ空港!スワンナプーム空港出発口の解説でした!

ABOUT ME
Author - Taishi Suzuki
Author - Taishi Suzuki
バンコク在住5年目/WEB屋/旅ブログ「BE AMBITIOUS」を運営しています。Japanese travel blogger / I'm based in Bangkok and regularly travel throughout the region.